600シリーズ

杢フェチにはたまらないキルテッドアコギのビジュアル!! Taylor 614CEのキルトメイプルをご紹介

こんにちは、テイラー専門店・アコースティックギタースギモトの店長杉本です。

今日は当店人気ナンバー1モデル614CEの中から、「キルトメイプル」について紹介したいと思います。

600シリーズの材であるメイプルは、他材に比べて杢(表面模様)が出やすく、その外見の美しさから家具などの装飾としてもよく利用されています。好きな人にはたまらない魅力がある材ですね^^
その中でも、キルトメイプル(キルテッドメイプル 英:Quilted Maple)のウロコ杢(玉杢とも言われています)はとても個性的で、光を当てる角度によってその表情も変わり、見れば見るほどその深みに魅入られてしまう模様です。一般的には、エレキギターのトップ材としてよく使用されています。

こちらは、614CEナチュラルのキルトメイプルの杢です。

img_0512__popupl

ブルー+キルトメイプルの組み合わせは、水面の紋様を美しく表現しています。

blue

そして当店イチオシの組み合わせ、614CEキルテッドメイプル+タバコサンバーストのウロコ杢です。

TobaccoSunburst_QuiltedMaple

比較用に、同じく614CEタバコサンバーストのカーリー杢です。杢の違いがはっきりと分かりますね。

TobaccoSunburst_Maple

※当店では、600シリーズのカラー選択で迷われているお客様に「タバコサンバースト」をオススメしています^^ビジュアル面で、杢の美しさが一番映えるのがこのカラーではないでしょうか。

さて、メイプルですが、以下の2つに大きく分類されています。

・ソフトメイプル:材が柔らかい、重量が軽い、杢がはっきりと出やすい
・ハードロックメイプル:密度が高い、重量が重たい、杢が出にくい

ここで紹介しているキルトメイプルはソフトメイプルに属します。

ちなみに、ソフトメイプルは強度的にはハードロックメイプルより落ちるのでネックには不向きです。
614CEも、ボディはソフトメイプル(ビッグリーフメイプル)ですが、ネックはハードロックメイプルという構成になっています。

音を比べた場合、目の詰まったハードメイプルほどクリアでアタック感が秀でており、一方でソフトメイプルはその柔らかさから共振しやすく、そのため材自体の鳴りやすさが良くマイルドな印象です。
ただ、ここの音質の差は、好み(一長一短)もありますので、そこまで拘る必要はないかなぁ・・・と思っています。
音質を決めるのは、ここの材質の差だけではありませんからね。

見た目を重視する場合はソフトメイプル
音を重視する場合はハードロックメイプル

とよく言われますが、ここは見た目の好みを選びたい気がします。貴方はいかがでしょうか?

(繰り返しになりますが、)杢フェチな方にオススメなのが、
「614CE キルトメイプル+タバコサンバースト」の組み合わせです♪

TobaccoSunburst_QuiltedMaple_body

是非、ご検討くださいませ。
たくさんのお問い合わせをお待ちしております^^

614ce キルトメイプルのご注文はこちらから>>


この記事は誰かの役に立ちそうですか? もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、下のボタンから共有をお願いします。運営者のモチベーション維持にもつながります。