開放弦の美しい響きを味わう!おすすめオープンチューニング9選

オープンチューニングの世界へようこそ

ギターのチューニングは、昔からEADGBEが「レギュラー」として使われてきましたが、当然ながらこれだけではありません。

過去、現在を問わず、様々な名曲がレギュラー以外の「変則チューニング」を利用して、生み出されています。

特にアコギの世界では、1-6弦の開放音を特定のコードに合わせる「オープンチューニング」がよく使われています。

オープンチューニングが利用されるのは、運指を簡単にしたり、スライドバーを使いやすくしたり、中にはキース・リチャーズのように「ステージでタバコが吸えるように」といった理由もあったりします。

ですが、最も大きいのはおそらく、アコギで最も美しい「開放弦」の響きを最も活用できることでしょう。

バレーコードでは得られない豊かなサステインと音色を、曲のメインコードで利用することで、魅力を引き立たせるわけです。

オープンチューニングは数多く存在しますが、それぞれに個性があり、弾いてみると今までと異なるフィーリングを感じることでしょう。

インスピレーションが沸いてきて、新しいアイデアやフレーズが生まれるかもしれません。

今回は、代表的なオープンチューニングの種類・音名と、それを利用したギタリストや名曲を紹介していきます。

チューナーにつないで、いつもと違うチューニングにしてみるだけで、ギターの新しい世界が見えてくるかもしれませんよ!

オススメのオープンチューニング9選と練習曲

※カッコ内はレギュラーからの音程差です。

オープンG


6弦 D(-2)
5弦 G(-2)
4弦 D
3弦 G
2弦 B
1弦 D(-2)

The Rolling Stones  /  Wild Horses

ローリング・ストーンズのキース・リチャーズが、6弦を外して使っていることであまりにも有名なチューニング。ブルースやカントリーのスライドギターと相性がよい。

オープンA


6弦 E
5弦 A
4弦 E(+2)
3弦 A(+2)
2弦 C#(+2)
1弦 E

Robert Johnson / CrossRoads Cross Road Blues

レギュラーチューニングの4弦~2弦を全て全音上げることで完成。名ブルースギタリスト、ロバート・ジョンソンが残した「クロスロード・ブルース」など数々の名曲で、オープンAの味わい深いギターを聞くことができる。

オープンE


6弦 E
5弦 B(+2)
4弦 E(+2)
3弦 G#(+1)
2弦 B
1弦 E

The Allman Brothers Band  / Little Martha

6弦開放のEがそのままベース音で使えることから、こちらもスライドバーを多用するブルース系ギタリストに好んで使われる。最近ではデレク・トラックスが多用していることでメジャーに。オールマン・ブラザーズ・バンドのアルバム「イート・ア・ピーチ」に収められたアコギ小曲「リトル・マーサ」は、このチューニングで演奏されたもの。

オープンD


6弦 D(-2)
5弦 A
4弦 D
3弦 F#(-1)
2弦 A(-2)
1弦 D(-2)

Bob Dylan /  Corrina Corrina

レギュラーからチューニングを上げて対応するオープンEに対して、下げて対応するのがオープンD。ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランが、数多くの名曲をオープンDで残している。1962年にリリースされたアルバム「フリーホイーリン・ボブ・ディラン」に収録されている「コリーナ、コリーナ」も、その中のひとつ。

オープンGsus4


6弦 D(-2)
5弦 G(-2)
4弦 C(-2)
3弦 G
2弦 C(+1)
1弦 D(-2)

Led Zeppelin / The Rain Song

レッド・ツェッペリンのアルバム「聖なる館」に収められている、叙情的なアコースティックの名曲「The Rain Song」で利用されているチューニング。マイナーかメジャーを決める3度の音を使わず、1度4度5度のみで構成されているため、浮遊感のある不思議な響きが生まれている。

オープンC6


6弦 C(-4)
5弦 A
4弦 C(-2)
3弦 G
2弦 C(+1)
1弦 E

Led Zeppelin / Bron-Yr-Aur / Friends

レッド・ツェッペリンのギタリスト、ジミー・ペイジは数多くのチューニングを使い分けて、名曲を残してきた。

このチューニングも、アルバム「フィジカル・グラフィティ」に収められたアコースティック小曲「ブロン・イ・アー」や、アルバム「レッド・ツェッペリンIII」に収められた「フレンズ」などで使われている。

6弦をレギュラーから2音下げるため、使用弦はヘビーゲージがオススメ。

DADGAD


6弦 D(-2)
5弦 A
4弦 D
3弦 G
2弦 A(-2)
1弦 D(-2)

Led Zeppelin / kashmir

Dコードの1度4度5度で構成されるため、オープンDsus4とも言えそうだが、慣例的に「ダドガド」と呼ばれる。

アイリッシュな美しい響きが特徴で、どこか民族的な響きが漂うレッド・ツッェペリンの名曲「カシミール」はこのチューニング。

押尾コータロー / 翼~you are the HERO~

日本人で「DADGAD」の名手と言えば、押尾コータローが挙げられる。

2007年に発表された「翼~you are the HERO~」では、明るい曲調ながら、翼というタイトル通り、どこか軽やかな響きが漂っている。

DADEAD


6弦 D(-2)
5弦 A
4弦 D
3弦 E(-3)
2弦 A(-2)
1弦 D(-2)

John Renbourn / The Pelican

「DADGAD」の3弦を3音下げたチューニング。オープンDsus2とも言えるが、こちらも慣例的に「ダデッド」と呼ばれる。

ケルティックで民族的な雰囲気が、「DADGAD」よりもさらに強く感じられる。

イギリスのギタリスト、ジョン・レンボーンによる「ペリカン」は、「DADEAD」の独特な和声の美しさを生かした名曲。

ナッシュビルチューニング


6弦 e(+12)
5弦 a(+12)
4弦 d(+12)
3弦 g(+12)
2弦 B
1弦 E

伊勢正三 / 22才の別れ

音名はレギュラーチューニングと同じだが、3弦から6弦を全て1オクターブ上げている。

通常の弦のゲージでは、オクターブを上げるのは不可能なので、細い弦を特別に用意する必要がある。

レギュラーチューニングと同じフォームが使えながらも、コードの構成音が高音域で近接するため、キラキラしながらも緊張感の漂うアルペジオとなる。

伊勢正三の代表曲「22才の別れ」に漂う、物悲しい雰囲気はこのチューニングの効果が大きい。

まとめ

今回9つのオープンチューニングと、代表曲を紹介してみました。どの曲も変則チューニングですが個性がありますよね。
是非ご自分の演奏にも参考にして頂ければと思います。

最初のコメントをしよう

必須