雅-MIYAVI-の様に弾いてみたい!ギターのスラップ奏法

かっこいい!!ギターのスラップ奏法

皆さんはスラップって知ってますか?ベンベン叩いて弾くような弾き方です。主にベーシストの方なら定番ですね。あんなパーカッシブに弾いてる姿、フレーズ共に最高にかっこいいですよね!ギターでもできたらなんて思いませんか?できるんです!!今回はそんなスラップ奏法について紹介したいと思います。

そもそもスラップ奏法とは?

簡単に言うと弦を親指で叩いたり、人差し指、または中指で引っ張ったりして音を出す奏法のこと指します。「スラップ」という言葉は「平手で打つ」という意味です。

弦を親指で叩いて音を出すのをサムピング、人差し指、または中指で弦を引っ張って音を出すのをプル、プラッキングと言います。初心者にはなかなか敷居の高い奏法のように思われがちですが、最初に仕組みをしっかり押さえて練習すれば、それほど難しくはないでしょう。

ですがベースでスラップ奏法するのとギターでスラップ奏法するのとではやはりギターのほうが弦の幅が狭いので難易度は違いますので注意が必要です。

スラップには大きく分けて、親指の向きが上向きのスタイルと、下向きのスタイルの2つが存在します。今回はその2つのスタイルを比較しながら、解説していきます。

サムピングのアップ・ダウン

ピック弾きでいうオルタネイト・ピッキングです。親指をピックのようにしてのサムピングでアップ・ダウンを行う奏法は親指が上向きのスタイルでしかできません。

このサムピングのアップ・ダウンが可能というのは親指が上向きスタイルの大きなメリットのひとつと言えるでしょう。ただ、そこまで頻繁に登場する奏法ではないですし、親指が下向きスタイルの場合はできませんので、使わないという人も結構いらっしゃいます。

しかし、曲のテンポにもよりますが、サムピングのダウンのみではやはり限界があります。アップを取り入れることでより細かく、速いフレーズを弾くことができるようになりますので、表現の幅を広げるという意味では習得しておいて損はないでしょう!

コツとしましては、サムピング・ダウンの際にあまり親指を深く入れすぎないことです。深く入れすぎてしますとアップの際の弦の抵抗が強くなってしまうので、親指が引っかかってしまいきれいに音が出せません。

最初は力を抜いて親指で弦をこするような動作から始めて、徐々に動きを大きくしていくことをおすすめします。また、サムピング・ダウンとアップでは音量のバラつきが出てしまいがちになりますので、なるべく音の大きさのツブをそろえて弾くことを意識して練習しましょう!

サムピング・ダウンの跳ね返りと振り抜き

サムピングには親指が弦にヒットした瞬間の反動の跳ね返りを利用した弾き方と、親指で弦を振り抜いて隣の弦にあてて止める弾き方があります。親指が上向きのスタイルはどちらも可能です。

振り抜かないとサムピングのアップはできないですからね。下向きのスタイルは跳ね返りのみとなります。跳ね返りと振り抜きでは音色的にもかなり違いが出てきます。おおまかに言うと、跳ね返りはパーカッシブ寄りな音、振り抜きは野太い音が出せます。

また、フレーズによって使い分けている人も多いかと思います。連打を多様する際は跳ね返り、アップ・ダウンを使う際は振り抜き、というように自分の出したい音、弾くフレーズによって使い分けてみてもいいんじゃないでしょうか。

スラップ奏法の第一人者・雅-MIYAVI-

雅はギターのスラップ奏法においてこの方ははずせません。

唯一無二のスタイルを貫くソロアーティストです。この功績からサムライギタリストの異名を持ちます。この方がギターのスラップ奏法を広めたといっても過言ではないでしょう。

ヴィジュアル系バンドDué le quartzの活動を経てソロアーティストとしてのキャリアを確立しました。ソロとしての実績を積んだ後、単身渡米。ニューヨークにて約1年間留学し、帰国後に活動を再開してからは海外ツアーも積極的に行い、世界中から認められるアーティストになりました。

アコースティックギター1本をパーカッシブに叩きながら歌い、サポートドラマーであるBOBOと2人で音楽を作り上げます。また、サンプラーを駆使しながら2人で演奏できる範囲で可能性を広げています。彼のすごさは彼の動画を見ていただければわかるでしょう。

まとめ

ギターのスラップは中々難しいと思います。ですがあのスラップのかっこよさは侮れません!基本からみなさんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

『いいね!』をするとギターに関する『お役立ち記事』を読むことが出来ます。

アコースティックギター・スギモトとは?

良いギターを日本のたくさんの人に弾いてほしい。
努力の結果、アメリカ本国のメーカー・ディーラーから日本でも低価格で高品質のアコースティックギターを販売できる事ようになりました。
全てのギターリストに良質なギターを。
それを実現したのが「アコースティックギタ ー・スギモト」です。

テイラーギター専門店アコースティックギタースギモト