ギター用プリアンプおすすめ機種2選と機能の完全レビュー

アコギのプリアンプとは?使い方とその機能

プリアンプとは、ギターから出た音の信号を調整して、音質などを調整する機材のことです。エレアコ等には付属されていますが、一般的なエレキギターにはあまり見られないパーツです。

中にはボリューム(音量)を調整するだけのものもあれば、イコライザーがついていて音質を変えるイコライザーやつまみが多いものまで様々です。

DIとしての活用やクロマチックチューナーが付いているものもありますので使い方を覚えてより自分好みのアコギサウンドを作れるようになると良いと思います。

プリアンプの利点: 一つで済むのでライブ等の持ち運びが便利

例えばライブの際にも同じようなことが言えます。マイクで拾ってライブしてみたら自分の求めてるサウンドではなかった。そんな時には幅広いサウンドメイキングが可能なのでプリアンプが便利でしょう。

先ほど書いたようにチューナーやブースター、ディレイ、リバーブ等の機能もありますのでエレキギターでいうマルチエフェクターのように一つで済むので持ち運びも便利です(わからない方のために書くと、プリアンプ一つ持ち運ぶのと、チューナーとブースターとリバーブとディレイ各種エフェクター持ち歩くのを想像して比べてみると便利なことがわかるはず)。

一つだけギターケースに入れて持ち運べるので非常に便利です。もし、マイクで拾う生の音が良かったら良かったでOKです!しかし、もしかして何か手違いがあった場合やマイクで拾うのが無理な場合、そんな時にも一つ持ち運んでおくとトラブルも回避できて良いと思います。

プリアンプをレコーディングに活用する

アコギをマイクで録ってみたらオケとうまく混ざらなかった。そんな時にもプリアンプがあると助かることが多いと思います。

オケによっては生のアコギサウンドが合うか、ラインの方が合うかそれはケースバイケースですので、ライン録音を試したい時にも便利です。

もちろん先ほど書いたように、ラインで録音した結果「ライン臭くなってしまった」という場合もあるでしょう。もちろんその場合はマイク録り等の生のアコギサウンドが良いと思います。

あと一つは、生のアコギサウンドとラインのサウンドを混ぜて使う。というのもオススメです。生のアコギでアルペジオを弾いてみたけど、いまいちピンとこない。次はラインだけで録ってみたら今度はライン臭い…。

そんな時は混ぜてお互いの悪い点を補正するというような使い方もあります。そんな時にも多機能なプリアンプが一つあればより生のアコギにうまく混ざる、うまく馴染むライン録音のサウンドメイキングも出来ますので非常に便利だと思います。

プリアンプおすすめ2機種をレビューする

それでは実際に筆者が使ってみた、おすすめプリアンプと機能をご紹介していきます。ご参考にして下さい。

おすすめプリアンプ1: ZOOM「A3」

ZOOM「A3」はアコギ専用のプリアンプ&エフェクターで、ライン接続でもアコギならではの自然なボディ鳴りや空気感を再現することができます。

特徴としては主要なアコギのボディタイプ(音響特性)が16種類内蔵されていますので、自分の持っているアコギと同じタイプを選ぶことで、そのモデルが本来持っている鳴りをライン信号に加えることができるのが最大の特徴だと思います。

入力はピエゾPUとマグネティックPUのどちらにも対応してます(これ意外と大事です)、良質なマイクプリを搭載しているのでマイクをつなぐこともできます。

これによりマイクとラインの両方の音をミックスしたり、ライブではボーカル用のマイクをつなげて弾き語りをするという使い方も良いです。また、出力も充実してる点が素晴らしいと思います。

XLRタイプのバランスアウトを使って直接PAミキサーに音を送れば、ZOOM「A3」をDIとして活用することも可能になります。

エフェクターの充実ぶりもZOOM「A3」のセールスポイントです。アコギの音作りに欠かせない3バンドEQに加え、空間系を中心に40種類のアコギ用エフェクトが用意されており、2種類の同時使用が可能になっています。

例えば、ホールのようなリヴァーブをかけたり軽くディレイをかけたりなんかもこれ一台で済むのでエフェクターを何台も準備しなくても良いのも助かります。

また、アコースティックギターをマイクで拾う際に気になるのがフィールドバック、ハウリングだと思いますが、「アンチフィードバック機能」を装備しています。

ステージでアコギがハウリングを起こした時にスイッチを踏めば、自動で問題のある周波数を感知してハウリングを抑えてくれます(これは非常に便利な機能)。

また、ソロを弾く時に最大12dB音量が上がる「ブースト機能」がある点も嬉しいところです。イントロやソロで「なんかしょぼいなぁー」なんて思う時にはこれを踏んで音量を上げる事で問題点を解消出来ます。

このようにプリアンプといっても多機能なものも多いです。ブースターや空間系のエフェクターが入っていることからエレキギターでいうマルチエフェクターを想像する方も多いのではないでしょうか?

プリアンプというとパワーアンプの前に繋ぎギターの音をコントロールする回路ではあるのですが、最近ではこのZOOM「A3」のように多機能のものが多いです。

おすすめプリアンプ2: BOSS「AD-8」


最も大きな特徴として、BOSSならではのCOSM技術を用いたモデリング機能があります。

世界中のギタリストに愛用されているアコースティック・ギターの定番モデルと、その音色を最良の状態で録音するための高品質マイクの組み合わせをモデリングしており、しかも6種類のモデリング サウンドから選択することができます。

特にエレアコに搭載されているピエゾ・ピックアップを使用した場合、アコースティック・ギター特有のボディ鳴りが失われがちになり、いわゆる「ライン臭い音、ピエゾ臭い感じ」になる場合も多いですが、AD-8のモデリング機能を使用することでアコースティックらしさを再現する事が可能です。

AD-8にモデリングされたギターとマイクの組み合わせは6種類あり(ギター+マイクの順)、まずはその中からお気に入りのものを選びます。その後はイコライザーをいじりより好みのサウンドに近づけていきます。
イコライザーやDIの他にリヴァーブやクロマチックチューナーも搭載していますのでZOOM「A3」のように色々な機能を駆使して自分好みのサウンドメイキングが出来ると思います。

他にもベリンガー、エルアールバックス、フィッシュマン等色々なタイプが出ていますので予算に合わせて持っておきたいところです。

まとめ

プリアンプの説明紹介をしましたが、もちろんアコギの生の温かみのあるサウンドというのも捨てがたいものです。

生の良さ、ラインの良さそれぞれ音の面もセッティングの面もライブ、レコーディングの面から見てもどちらにも良さがあります。生でもラインでも準備をしておいてその場その場で一番良い方法を選択するのが一番良い方法だと思います。色々試して自分好みのサウンドを見つけたいものですね。

『いいね!』をするとギターに関する『お役立ち記事』を読むことが出来ます。

アコースティックギター・スギモトとは?

良いギターを日本のたくさんの人に弾いてほしい。
努力の結果、アメリカ本国のメーカー・ディーラーから日本でも低価格で高品質のアコースティックギターを販売できる事ようになりました。
全てのギターリストに良質なギターを。
それを実現したのが「アコースティックギタ ー・スギモト」です。

テイラーギター専門店アコースティックギタースギモト